ヨーロッパのバイク用品専門店「ユーロネットダイレクト」!ネットショップを通しオートバイ部品パーツを現地価格で発送中。

Dainese / ダイネーゼウェアー

バイク用ダイネーゼ商品のトップページバナー ユーロネットダイレクト


ミッション:To advocate and deliver safety to people exposed to traumatic injuries in dynamic sports and everyday activities.


1972年設立。最初に手がけた製品はモトクロス用のレザーパンツであった。設立後まもなくロードバイク向けのレザー製品の開発をはじめ、4年後の1976年にはジャコモ・アゴスチーニのオフィシャルスポンサーにもなっている。

Dainese(ダイネーゼ)は世界で初めてモーターサイクル用プロテクターを開発したメーカーであり、1981年にフレディ・スペンサーにより、キャラミ・グラン・プリ・サーキットでバックプロテクターのテストが行われている。またそ れと同時期には、初めてのニー・スライダーを発表。

当時はプラスチック製の突起物が、ヤマアラシの刺のように多数突き出ている仕様であった。1980年代後半には、モーターサイクル向けのブーツの開発・製造を開始。空気抵抗効果や背中のプロテクショ ンを目的としたレザースーツのハンプが開発されたのもこの頃である。

1993年になると、後にD-Tecと呼ばれる「Dainese Safety Program」を設立。ダイネーゼにおける人間工学研究の基礎となったこの機関には、医者や技術者等の専門家が集まり、革製品だけではなく、ヘルメットやグローブ、ブーツ等、モーターサイクルにかかわる全ての製品の研究・開発が行われるようになった。


1994年にはイタリアのスキーチーム「Valaga Azzurra」がダイネーゼ製のバックプロテクターを使用して世界大会に出場。この頃からスキーの分野でもダイネーゼのプロテクターが使われ始めた。 1990年代後半に入ると、レザースーツの裾とブーツを連結させるブーツインシステムや、レザースーツの左右に開閉ファスナーを付けたV型のダブルジッパータイプが市販化された。尚、これらはダイネーゼの特許となっ ている。

2000年からはD-Airプロジェクトを始動。モーターサイクル向けのエアバッグ開発を始める。これは現在に至るまで続けられており、2006年に初めて実地テストに成功して以来、現在ではMotoGPでも採用されている。 2002年には第4世代となるバックプロテクター「Wave」を発表。この原型はニューヨーク近代美術館にも展示されていた。