ヨーロッパのバイク用品専門店「ユーロネットダイレクト」!ネットショップを通しオートバイ部品パーツを現地価格で発送中。

Bike Tower Stand / バイクタワースタンド

Chania
バイクタワー ジャパン

Bike-Tower(バイクタワー)はこんな方にオススメ!

≫ 駐車スペースが狭く切り返しの出し入れが大変な方(特にハンドルの切れ角がないSS系には最適です)
≫ バイクメンテナンス好きな方
≫ メインスタンドが未装着のバイクを所有している方(フレームのピボット穴やメンテナンスホールにピン メイリオ 差し込みリフトアップしますので、サイド・メインスタンドの必要がありません)
≫ 壁に沿ってバイクを停めるなど、省スペースで詰めて並べたい方(リフトアップしてしまえば、横(斜め)移動ができます)詳細はこちらから

↓車種を選択してください


駐車のたびに何度も切り返ししたりするのは、大変ですし立ちゴケのリスクも増えますよね。 そこでお勧めしたいのが、Bike-Tower(バイクタワー)です。 SS系の車両を中心に好評を得ており、センタースタンド、 イドスタンドがなくても横(斜め)移動が可能です。 リフト方法は簡単です。車体のフレームのピボット穴にピンを差し込みロックしてレバーを2段階下げるだけ。 リフトをしたら、いままで切り替えし切り返しで収めていた小スペースにも軽々と自由な移動でスライド駐車で きてしまいます。各部軸にはベアリングが設定されており、多くの力を必要とせず女性でも簡単に扱え、360度 スムーズな回転を実現しております。レバーを1段下げ(レバーが水平の状態)れば、スタンドアップ状態 (両輪が接地した状態)で保持することも可能です。もちろん、リフトピンが外れないようロックシステムを 採用しているなど安全面にも高い信頼 があり、人がリフトした車両に乗っても 大丈夫なほど頑丈な作りになっています。 ただ、残念なことは、汎用品ではなく車種専用となってしまうところですが、多くのバイクメーカーの SS系車種を中心に ライン ップが充実しております。このBike-Tower(バイクタワー)があれば、 狭い空間においての車両保管には威力を発揮するでしょう。